2017年6月23日金曜日

白い凝灰岩を用いた五輪塔 (6) 「我孫子市湖北台の庚申塔」

JR成田線湖北駅周辺での「我孫子・古利根沼・湖北巡検」が開かれた。親しい方々が幹事を務められるとの事で、二つの性格を異にするグループの二十名近くの方々が参加され、「異文化交流」を楽しませて頂きました。
 コースの終盤近くの、古利根沼に近い法岩寺から天照神社に向かう途中で、興味深い庚申塔が目に入りました。その外観は

少し細かくご覧頂く為に前の画像の一部をトリミングした画像を観て頂きましょう。



上の画像はは少し風化・剥離した部分です。

同じ場所に建立されていた青面金剛像と庚申塔の文字塔です。安山岩が使われていますが、この刻像も珍しい特徴が有る様です。
 千葉県内には、白い:火山ガラス中心の地層は数多く分布していますが、その白い部分だけの「石材」となると極端に少なく、現在、白い凝灰岩製五輪塔の石材を調査しているのですが房総半島運にばれてくる可能性が比較的高いと思われる凝灰岩層は、伊豆下田のものか、時代的な検証が行われていない栃木県塩谷の舟生石が考えられます。
 伊豆下田の白色凝灰岩は、船橋市の船橋大神宮で大量に石垣に使われており、普段は建築物に遮られて見えないのですが、たまたまビルの建て替え時に観察した画像が下記

下の画像は、神社の周囲の別の場所で石材に近寄って撮影したもので、斜交する堆積層が目立ちます。

一部分を抜粋した部分拡大図。

下は舟生石の石切り跡で、周辺にはこの石材を使ったらしい石蔵もあります。美しい石材ですが、比較的最近まで採掘されていた様ですが、残念ながら歴史的な採掘年代に関する資料が手に入りません。鬼怒川沿いには現代の採掘跡が在り、上流の河床には露頭もあります。

両者ともに色が白過ぎるので、現在我々が調査している五輪塔の起源では無い様ですが、文化財の石材の起源を調べるのは中々に難しい作業です。
  続く

2017年6月22日木曜日

白い凝灰岩を用いた五輪塔 (5) 「伝藪塚氏五輪塔」

房総半島のある場所にある五輪塔の石材が、何処に起源をもつものなのか?語らぬ石材になんとか語らせようと、可能性が考えられる房総半島・伊豆半島南部の下田周辺・栃木県宇都宮周辺・埼玉県比企丘陵他の中から、これまで調査が殆ど及んでいなかった群馬県の天神山方面の石材調査と、主に太田市内の凝灰岩製の五輪塔や名号角塔婆を観察する二日間の旅を楽しんで来た。
残念ながら、「これはぴったり!」といえるような結果は得られなかったので、これから長い調査の月日が必要な雰囲気になっている。胃がおかしくなりそう。
13か所の観察地を訪ね露頭やその素材を用いた五輪塔などを観察したので、その一部をご紹介。画像は、出来るだけ画像を画面一杯に広げて詳細に見て頂けるように、美意識抜きに縦長のものも横位置にしているので御容赦下さい。
伝藪塚氏五輪塔は屋根つきの場所に収められている。小型の方は樹脂補正が施されている。

中央の一番大きな五輪塔:敢て横位置。

覆屋の隣に建つ井内石(宮城県石巻市産)の石碑に、此処に祀る事になった経緯が記されている。

白丸で囲んだ部分には、小さな黒色の岩片が突き出している。表面はこの突き出した分だけ風化して減ってしまったらしい。同じような岩片は比較対象している凝灰癌にも含まれているが、チャートなのか、ガラス質の安山岩なのか未だ判らない。この小岩片は今回観察した数十基の凝灰岩製五輪塔のかなりのものに含まれている。

空輪・風輪部分の拡大。この部分は火輪の素材とはやや異なるがやや粗い。

地輪もかなり粗い

白丸内には小岩片があるが、割れ方が違うので質が異なる。

場所は判り難いが赤丸でかこんだ場所。入口には案内看板が或る。車では入れない。個人の所有地。付近には適当な駐車スペースが見付からない。

  続く

白い凝灰岩を用いた五輪塔 (4) 藪塚石・藪塚温泉北側の石切り場跡

 藪塚石の石切り場は古くなったウッドデッキが抜けそうなので原則立ち入り禁止となって居ます。我々は数十年に亘って人々から忘れられた石切り場跡の探査経験は豊富なので、無様な事故を起さない様に注意しながら場内で石材の調査を行いました。石切り場は一般道からの入口別に少なくとも二ヶ所に分かれている様でしたが、我々は案内看板が設置された溜池前からの遊歩道が整備された側にだけ入域しました。
 房州石の石切り場や、伊豆軟石の石切り場を見慣れた目からすれば石切り場はそれほど大きなものではありません。石切りにより出来た絶壁はレーザー計測では18m程度、入って直ぐの広場の幅も60m前後です。ほぼ水平な採掘跡の縞模様は、一段が20-24cm程度です。

左手の採掘跡

右手の採掘跡は広がっています。

正面の採掘跡から入口を眺めたものです。

右奥には、節理を避けて斜めに切り込んだものの、再度節理にぶつかって採掘を断念した雰囲気の切羽があります。

上の画像の左手を見ると、採掘跡の壁の一部に地山の表面に平行な節理が数段走っています。表層に近い薄い凝灰岩の層は恐らく採掘対象にはならなかった事でしょう。

天神山と異なり、石質はかなり粗い雰囲気なので、表面付近は石材として使用出来るような硬さでは無くなってしまっている様です。石材の地山には、軽石の岩塊が結構な量含まれています。ガラス質の岩片もかなり大きなものが含まれています。

ガラス質の岩片

やや発泡した火山岩塊が含まれている事もあります。

尚、軽石岩塊とかガラス質火山岩塊等に付いて記すのは、この地域の凝灰岩質石材の特徴を出来るだけ詳細に把握する為で、石材の良否を云々するものではありません。
 尚、ネットで調査した情報では、太田市内の藪塚石切り場から南東側の菅塩町にも石切り場跡が有る様です。
 また、「藪塚石之碑」に刻まれた藪塚石の採掘の歴史に関しては、下記のブログが参考になると思います。「藪塚石・藪塚温泉北側の石切り場跡」
http://www5f.biglobe.ne.jp/…/koramu53sugashioishihosoku.html
  続く

白い凝灰岩を用いた五輪塔 (3) 天神山:馬見岡凝灰岩露出地 (2/2)

石切り跡の残る露頭で観察される石の質は、表面が風化に拠り、軟らかい部分が薄く剥がれて、硬い部分が残るので、どうしても粗い雰囲気になりがちなのだが、それにしても粗い。一枚一枚の画像を観てみよう
石切り跡の残る石切り場表面は粗い。風化に拠り仕方の無い事だけど、五輪塔側にとってもその条件は同じはずだ

岩の新鮮な断面には繊維状の軽石が混じる。これは尾根筋の脇の石切り跡で観察したものなので、本来なら繊維状の軽石は含まれないはずだがかなり大量に含まれている。

加工の痕跡が残る岩片が転がっていた。尾根筋もかなり上の方なのだが、やはり粗い。
駐車場になって居る昭和の石切り場跡の転石には貝殻の化石の痕跡が観察される。スケールは無いが画像幅は約3mm位

これも、駐車場の転石に観察される繊維状の軽石



  続く

GVP 火山活動情報の概要:6月14日⇒20日;20火山

Activity for the week of 14 June-20 June 2017 
New Activity/Unrest
Bogoslof  | Fox Islands (USA)  | 311300 | Elevation 150 m
613-14日の間、衛星画像で地表面温度の上昇と少量の水蒸気の放出が確認されています。弱い地表面温度の上昇は616日に観測され、18日には13km先まで伸びた水蒸気の噴煙が観測されました。カラーコードはオレンジを維持しています。
  
Karymsky  | Eastern Kamchatka (Russia)  | 300130 | Elevation 1513 m
610-12日と14-15日に、衛星画像で熱異常が観測されています。カラーコードはオレンジ。
  
Pavlof  | United States  | 312030 | Elevation 2493 m
67日に僅かな地震活動の活発化の後、徐々に減少し、620日までの間は、地震・空振共に特段の活動は観測されていません。時折、山頂火口から少量の水蒸気の噴気が立ち昇ります。衛星画像では614日に、西に55kmまで伸びた水蒸気の噴気が確認され、15-16日と20日には熱異常が観測されました。カラーコードはイエローを維持しています。
  
Rincon de la Vieja  | Costa Rica  | 345020 | Elevation 1916 m
615日に、主に水蒸気の噴気が火口縁から50mの高さまで上昇しました。18日の昼頃に強酸性の熱水をたたえる火口内で熱水による小爆発が発生しました。翌日に公表された報告では、低周波地震、火山性地震や強い火山性微動等を含む地震活動は、523日や611日に観測されたものと同じだとされており、その後は地震活動は活発ではありません。
  
Sheveluch  | Central Kamchatka (Russia)  | 300270 | Elevation 3283 m
610-13日に発生した爆発sでは火山灰を含む噴煙は高度8kmまで上昇し南東から北西方向に1,500kmまで広がりました。150425時の強力な爆発で生じた火山灰を含む噴煙は高度12km以上に達しました。カラーコードはレッドに引き上げられましたが、その日遅くにはオレンジに引き下げられました。火山灰を含む噴煙は15-16日に北東から南西に1,000kmに達し、以下の地域から降灰が報告されました:Klyuchi (50 km SW), Maiskoe, Kozyrevsk (115 km SW), and Atlasovo (160 km SW).
  
Ongoing Activity
Aira  :桜島| Kyushu (Japan)  | 282080 | Elevation 1117 m
⇒気象庁の「噴火に関する火山観測報」を参照下さい。
  
Bagana  | Bougainville (Papua New Guinea)  | 255020 | Elevation 1855 m
衛星画像等のデータ解析から、614日に火山灰を含む噴煙が、高度2.1kmで西に広がたことが報告されました。その後は画像では火山灰を含む噴煙は確認されていません。
  
Bezymianny  | Central Kamchatka (Russia)  | 300250 | Elevation 2882 m
クベルトの615日の報告では、衛星画像で確認されている熱異常は増加し、ウエブカメラの記録では、火山ガスと水蒸気の噴煙が高度4kmに達し南南東に広がりました。溶岩ドームから高温岩塊の岩屑雪崩が発生しました。16日の1653時に爆発的噴火が始まり、28 x 25 kmの大きさの火山灰を含む噴煙が生じ北東に広がりました。カラーコードはレッドに引き上げられましたが、5時間後にはオレンジに引き下げられました。火山灰を含む噴煙は、2110時には212 x 115 kmの大きさに拡大し東に移動し、その先端は東に245kmの地点に達しました。
  
Cleveland  | Chuginadak Island (USA)  | 311240 | Elevation 1730 m
614-20日の間に、地震活動も空振も全く観測されませんでした。少量の水蒸気の噴気がウエブカメラで17-18日に観測され、19日と20日に得られた衛星画像では僅かな地表面温度の上昇が確認されました。カラーコードはオレンジを維持しています。
  
Dukono  | Halmahera (Indonesia)  | 268010 | Elevation 1229 m
衛星画像等のデータ解析から、614-20日の間、火山灰を含む噴煙が高度1.5-3 kmに達し、様々な方角に拡散した事が報告されました。
  
Ebeko  | Paramushir Island (Russia)  | 290380 | Elevation 1103 m
火山から7km東のSevero-Kurilsk (Paramushir Island)の住民からの報告では、69-16日の間も爆発的噴火が続いています。カラーコードはオレンジを維持しています。
  
Fuego  | Guatemala  | 342090 | Elevation 3763 m
613-14日に発生した爆発では、10km先でも感じる事の出来る衝撃波を生じ、岩屑雪崩がCeniza (SSW), Taniluyá (SW), Santa Teresa (SW), and Trinidad (S) ravines渓谷を流れ下りました。18日には豪雨により生じた幅20m、深さ1.5mのラハールが“El Jute (SE) ravine”渓谷を流れ下り、直径2mの岩塊や樹幹を押し流しました。18-20日に生じた爆発では、火山灰を含む噴煙が火口上空950mに達し、S, SW, and Wの方角に8-12 kmまで広がりました。降灰は以下の地域から報告されました:(9 km SW), Santa Sofía (12 km SW), Finca Palo Verde, El Porvenir (8 km ENE), Sangre de Cristo (8 km WSW), and Panimaché I and II (8 km SW).白熱岩塊は火口縁上空100-200mまで噴出し、発生した岩屑雪崩は以下の渓谷を下りました:Ceniza, Taniluyá, Trinidad, and Santa Teresa drainages.
  
Ibu  | Halmahera (Indonesia)  | 268030 | Elevation 1325 m
衛星画像等のデータ解析から、614日と17-19日に火山灰を含む噴煙が高度1.5-1.8 kmに達し、 S, SW, W, and Nに広がりました。
  
Kilauea  | Hawaiian Islands (USA)  | 332010 | Elevation 1222 m
⇒この間も変化無く活動は継続しています。発表文の文言は531日のフィールドワークの報告も含めて、前回、前々回とほぼ同文なので省略します。

  
Klyuchevskoy  | Central Kamchatka (Russia)  | 300260 | Elevation 4754 m
6916日の間に生じた爆発では火山灰を含む噴煙は高度6-7kmに達し南東或いは南西に580kmまで広がりました。弱い熱異常が11-16日に衛星画像で観測されています。カラーコードはオレンジ。
  
Langila  | New Britain (Papua New Guinea)  | 252010 | Elevation 1330 m
衛星画像等のデータ解析から、614日に火山灰を含む噴煙が高度1.8kmに達し西北西に広がりました。620日には火山灰を含む噴煙は高度2.1kmで北西に広がりました。
  
Poas  | Costa Rica  | 345040 | Elevation 2708 m
613-15日の間、火山ガスの噴煙は火口縁を越えて少なくとも500m上空に達し北に広がりました。降雨の合間に、616日には火山灰を含む噴煙が火口上空1kmに達し北に広がりました。6181340時、201100時と1350時に火山灰の噴煙は少なくとも1km上昇しました。
 
 
Sabancaya  | Peru  | 354006 | Elevation 5960 m
前の週よりも活動はやや縮小しましたが、612-18日の間の一日当たりの爆発的噴火の回数は平均26回でした。火山ガスと火山灰を含む噴煙は火口縁から3.7km上空に達し南西に40km以上まで広がりました。“The MIROVA system”では、南東、北及び北西側山腹の9か所に熱異常を観測しています。614日の亜硫酸ガスの噴出量は日量で3,557トンでした。
  
Sinabung  | Indonesia  | 261080 | Elevation 2460 m
衛星画像等のデータ解析から、614-17日と19日には火山灰を含む噴煙は高度3-6.4 kmに達し、様々な方角に広がった事が報告されました。
  
Turrialba  | Costa Rica  | 345070 | Elevation 3340 m
614-15日に、時折火山灰を含む噴煙が火口上空300mに達しました。16日の0620時と1405時に発生した噴火では、火山灰を含む噴煙が夫々500m上昇し北西に、200m上昇し南に広がりました。19-20日には火山灰を含む噴煙が1km上昇し様々な方角に広がりました。
“Avachinsky”,
“Kizimen”,
“Plosky”,
“Nevado del Ruiz”
火山画像は各国の火山観測所がネット上で公開しておられるライブカメラ画像からキャプチャーしたものです。 以上

2017年6月21日水曜日

白い凝灰岩を用いた五輪塔 (2) 天神山:馬見岡凝灰岩露出地 (1/2)

この場所は2012年に歩いたのだが、「石切り場」と云うには余りにも小規模に見えたので余り詳細に見ないでしまった。今回は調査当日にこの場所に関する文献が手に入ったのでゆっくりと時間を掛けて回ってみた。最初の図がその「中世東国における造仏・造塔用石材の産地とその供給圏」国井洋子,1996,に掲載された石切り場の分布図。










天神山(馬見岡凝灰岩露出地)南端に在る現代の石切り跡は駐車場として整備されている

石切り場分布図⑥と思われる石切り場跡、此処だけが露頭の観察が可能。

他の石切り跡はこの様に山稜沿いの不自然な凹地として存在し、材木や枝葉の置場と化している。稀に、周辺に石材が散乱している事が有る。



明らかに削り取った跡と思われる場所。スケールとして置いたハンマーとの比較からかなり小さなものを掘り出したと思われ、五輪塔の主要部のサイズとは全く適合しない。

前掲の文献には石切り場における採掘の痕跡については触れられていない。石切りが藪塚石切り場の様に鶴嘴を使ったのか、矢穴を開けて割ったのかによって、石材の硬さが想定されるのだが参考になる記述は探し出せなかった。以下の二つの矢穴様の凹みの列は当時のものなのか疑念が残るが、参考用に掲示した。



続く